スポーツ

井上尚弥対ドネア戦の海外の反応や評価は?ファンの反応も!

こんにちは!! KOSHIです!!

日本ボクシング界の至宝|モンスターこと井上尚弥のWBSS決勝
2019年11月7日、さいたまスーパーアリーナで行われました🥊
日本のボクシングファンのみならず世界から大注目されている試合でしたね!

井上は3階級制覇王者でありWBA・IBF世界バンタム級王者!
対するノニト・ドネアは5階級制覇王者のWBA世界バンタム級スーパー王者!

そんな2人の試合は国内フジテレビ系列で生中継されました📺
当然海外にも配信されています!

日本国内だけでなく、海外からの反応も気になるところです。

そこで今回は
井上尚弥対ドネア戦後の海外の反応や評価、ファンの反応について
迫っていきたいと思います!

題して「井上尚弥対ドネア戦後の海外の反応や評価は?ファンの反応も!

では、始めていきましょう!!

 

井上尚弥対ドネア戦の結果

 

まずは、WBSS決勝|井上尚弥対ドネア戦の結果について確認していきます!

 

以下、試合情報になります!

 

試合情報

 

・試合カテゴリー

 WBA・IBF世界バンタム級王座統一戦

・日程時間

 2019年11月7日(木)18:30以降

・対戦カード

 井上尚弥 vs ノニト・ドネア

・試合会場

 さいたまスーパーアリーナ

・ラウンド数

 3分×12ラウンド制

 

 

まさに頂上決戦!

ボクシング界のレジェンドであるノニト・ドネアと
日本が世界に誇るボクサー・モンスターこの井上尚弥の試合!
WBSS決勝という舞台!

全てがパーフェクトな舞台での試合!

興奮するな。と言ったほうが難しいです☺

 

 

試合結果

 

それでは、気になる試合結果と、内容です!

 

WBSSバンダム級決勝戦

井上尚弥選手が3対0の判定でノニト・ドネア選手に勝利しました。

井上尚弥選手の優勢と言われていましたが、
歴史に残る戦い、感動的な激戦となりました。

 

【1回】 互いにジャブで距離を探る両者の立ち上がり。中盤過ぎ、互いの左フックが相打ちとなり顔面をとらえると、観衆が大きくどよめく

【2回】 2分過ぎ、井上尚をロープ際に追い込んだドネアの左フックが井上尚の顔面をとらえる。井上尚が右目上から出血

【3回】 出血した井上尚に対し圧力を強め、攻勢に出るドネア。左右にかわしジャブを繰り出す井上尚だが、ドネアのプレッシャーも止まらない

【4回】 互いにジャブでかいくぐり、連打につなげようとするが当てさせない。終盤ドネアが左の連打から右ストレートがヒット

【5回】 中盤過ぎ、井上尚の左ジャブが伸び、ドネアにヒットし始める。残り30秒、井上尚が振り下ろし気味に放った右ストレートがヒットし、ドネアの腰が落ちる。井上尚が左右の連打でドネアをコーナーに追い詰め、懸命にかわすドネアにさらに右ストレートをヒットさせる

【6回】 やや動きが鈍ったドネア。左ジャブから右を放ちドネアに迫る井上尚。終盤、ドネアの左フックを交わし、井上尚の左フックがヒットする

【7回】 互いの攻防が続くが決定打はなし。中盤過ぎ、手数を強めた井上尚にドネアも応酬。井上尚がカウンターから左フックをヒットさせる

【8回】 ドネアが手数が増す。ドネアの連打をかわしボディーに左フックを放った井上尚に対し、ドネアの右ストレートがヒット。井上尚の動きが止まる。攻勢を強めるドネアの連打で井上尚の出血が再び増す

【9回】 やや動きが鈍った井上尚に対し、圧力を強めるドネア。左ジャブが井上尚のあご付近をとらえ、さらに連打をもらった井上尚の動きが止まる。井上尚のクリンチを振りほどき、ドネアが連打

【10回】 両者ジャブを繰り出すが一進一退の攻防が続く

【11回】 前に出る井上尚に、一歩も引かないドネア。残り1分過ぎ、井上尚が放った右アッパーからの左フックがドネアのボディーを芯でとらえる。顔をしかめ後ずさりしたドネアがたまらずダウン。クリンチで逃れるドネアを、大歓声を背にした井上尚が攻め立てるが、ドネアは倒れない

【12回】 動きが落ちながらも前に出るドネア。井上尚の左ボディーからの右ストレートでさらにドネアの動きが弱まる。何とか左ボディーを放つドネアに対し、井上尚はなおもカウンターの右ストレートをヒットさせる。連打でたたみかける井上尚に対し、ドネアも最後の力を振り絞り左右の強打を放つが空を切る。試合終了のゴングが鳴ると、両者が抱き合う。116-111、117-109、114-113の3-0判定で井上尚が勝利。苦しみながらも階級最強の称号を手にした。

 

 

海外の反応や評価

 

次に、井上尚弥対ドネア戦後の海外の反応や評価についてみていきましょう!

 

 

以下、これまでの試合への評価を確認していきます。

過去の試合への海外からの評価

 

井上尚弥VSジェイミー・マクドネルの試合を見て海外の反応はどうだった?

 

マクドネル選手はWBA世界バンタム級王者として6度の防衛に成功したあと
2017年にスーパーバンタム級に転向するために
WBA世界バンタム級王座を返上している形でした。

しかし、WBAは程なく最新ランキングを発表し
改めてマクドネルをWBA世界バンタム級正規王者としてランクインさせています。

そのマクドネル選手が当時元世界2階級王者でバンタム級においては2位であった
井上尚弥選手に1R開始の1分52秒で圧倒的なTKO負けを喫してしまいました!

当時、井上選手との試合に臨むためにマクドネル選手は
かなり激しい減量をおこなっていたそうです。

ただ、それを考えたとしても衝撃的な戦いでした。

10年間にわたり無敗を誇っていた王者マクドネル選手です。
衝撃の試合を目の当たりにした海外のボクシングファンの反応について調べてみると
当時はとんでもない反響がありました。

特にマクドネル選手の母国であるイギリスでの反応はすごかったようです。

 

なんてことだ!!マクドネルが1Rで倒された!

信じられない。彼がP4Pのトップ5であっても、ここまでの圧倒的な破壊を期待してはいなかった。

井上はリトルビースト! あのパワーは止められない!16勝0敗14KO、軽量級としてはかなり強烈な戦績だ!

マクドネルが1ラウンドでぶちのめされてしまった!井上尚弥は日本のレジェンドと同時に最強ボクサーの一人だ!

わずか16戦で3階級制覇の世界チャンピオン、彼の才能はとんでもない!

井上はファーストギアから抜け出したように見えなかったのに・・・この男は特別だ。 バンタム級はもうジェイミーの居場所はない。

 

やはり何といっても1Rでの衝撃的なKOということでしょう。

ショックを隠せないコメントが多数あり
それと同数に、井上尚弥選手に対しての驚きの声も上がっていました。

そのボクシングスタイルに驚き、今まで以上に注目を集めるきっかけとなった試合でした。

 

その後のファン・カルロス・パヤノ選手との試合では

70秒でTKOという、これもまた衝撃的な試合でした。

この試合においても
海外の反応は井上尚弥選手の圧倒的な強さに愕然としていた様子でした。

 

 

井上尚弥対ドネア戦の海外の反応

 

 

この試合の反応がありました!

 

 

 

 

海外のボクシングファンの反応

ドネアには期待は誰もしていなかった。しかしパフォーマンスは長年見た中で最高だった!!

井上とドネアの素晴らしい戦い!井上は強力なパンチャーだけではなく顎も強いことがわかった

素晴らしい戦い!井上は立派なチャンピオンだ。そして優れたパフォーマンスを引き出したのはドネアのおかげだ

ドネアの多大な努力をしたが、ペースを維持できなかった。

井上はよく戦った。井上はカウンター一発で最高の仕事を成し遂げた

日本のチャンピオンの素晴らしいパフォーマンスだった!

ドネアは非常に強かった。彼こそが真のチャンピオン!

井上を誇りに思う。彼は日本の伝説だ!

ドネアには戦略が足りなかった。

ドネアはよく頑張った!プライドと粘り強さを示したが、井上が期待以上には上回った!

井上の勝利はふさわしいものだった。とても動きが早かった

ドネアはなんて選手なんだ!まさに戦士

 

 

 

 

 

まとめ

 

今回は「井上尚弥対ドネア戦後の海外の反応や評価は?ファンの反応も!」と題して

WBSS決勝|井上尚弥対ドネア戦後の海外の反応や評価、ファンの反応についてを
お送りしてきました!

日本のみにとどまらず世界から注目を集めており
実力も認められている井上尚弥選手!

これほどまでの日本人選手は歴史上いなかったでしょう🥊
これからも現れてくるかどうか。そのくらいの凄い選手です!

 

今回は以上になります!最後までお読みいただきありがとうございました!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です