動画配信

マーゴット・ロビーの動画を無料視聴する方法!主演映画やアカデミー候補も

 

 

アメリカで活躍するオーストラリア出身の人気女優「マーゴット・ロビー」!!

 

かれん
かれん
アカデミー賞にもノミネートされる彼女の出演アイ,トーニャの動画を無料で観られないかな? 

 

それが、なんとあったんですよ☺

 

動画配信サイトのU-NEXTさんなら、登録するだけで600円分のポイントがもらえて、それでアイ,トーニャをフルで無料視聴できちゃったんです。

 

ぜひ、あなたもタダで「マーゴット・ロビーの出演作品・アイ,トーニャ」を楽しんでください!

 

 

 

アイ,トーニャ」動画配信サービスと関連作の配信状況

 

アイ,トーニャ」を視聴できる動画配信サービス

 

アイ,トーニャ」を視聴できる動画配信サービス一覧になります!

アイ,トーニャの配信サイト】

VOD \ 配信 配信状況
U-NEXT
FODプレミアム
Hulu ×
Paravi ×
Abema TV ×

 

 

アイ,トーニャ」が配信されている動画サービスは

U-NEXT / FODプレミアム / Amazonプライムビデオ

 

その中で、おすすめは「U-NEXT」になります!

 

※本ページの情報は2020年3月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

U-NEXT

 

他の動画サービスと比較すると利用月額1,990円と少し高めになりますが、31日間の無料お試し期間中は、「アイ,トーニャ」が無料で観ることができます。
他にも16万本以上ある作品があります。

無料登録すると600円分のポイントがもらえますので、1作品500円以上の有料作品もポイントを利用して無料視聴することができます。

登録すると、月額料金1,990の半分以上となる毎月1,200ポイントが支給されるというお得な面があります!

 

U-NEXTをおすすめする理由

 

「アイ,トーニャ」が無料で観れるということが1番の理由です!!!

一度じゃなくて二度・三度と!!

U-NEXTは

  • 31日間の無料お試し期間中は、「アイ,トーニャ」が無料で観ることができる
  • 無料登録すると600円分のポイントがもらえて、1作品500円以上の有料作品もポイントを利用して無料視聴することができる
  • 「アイ,トーニャ」だけでなく、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」などの作品も無料で観ることができる

 

お試し期間が31日間というのもおすすめのポイントです。「アイ,トーニャ」だけでなく、「マーゴット・ロビー」の出演作品を他にも見れるのは嬉しいです☺

ポイントも600円分もらえますが、このあと紹介する「マーゴット・ロビー」の関連作品などに使えたりします!

 

U-NEXTで観れる「マーゴット・ロビー」の関連作品配信状況

 

  • 「マーゴット・ロビー」関連作品

「アイ,トーニャ」以外で無料で観れる作品名:

『アバウトタイム』(2013年)

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(2013年)

『フォーカス』(2015年)

『アニー・イン・ザ・ターミナル』(2018年)

 

「アイ,トーニャ」以外で有料で観れる作品名:

『スーサイド・スクワッド』(2016年)

『ターザン』(2016年)

『アメリカン・レポーター』(2016年)

『グッバイ・クリストファー・ロビン』(2017年)

『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』(2018年)

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019年)

 

U-NEXTならトライアル期間に無料作品はすべて観ることができます☺

 

 

アイ,トーニャ」の作品情報

 

あらすじ

 

貧しい家庭に生まれ、厳格な母親ラヴォナ(アリソン・ジャネイ)に育てられたトーニャ・ハーディング(マーゴット・ロビー)。フィギュアスケートの才能に恵まれた彼女は、血のにじむような努力を重ねて、アメリカ代表選手として1992年のアルベールビル、1994年のリレハンメルオリンピックに出場する。ところが、元夫のジェフ・ギルーリー(セバスチャン・スタン)の友人がトーニャのライバルだったナンシー・ケリガンを襲い、その後彼女はフィギュア界から追放されるが……。

引用元:YAHOO!JAPAN映画

 

キャスト・出演者の紹介

 

役名 役者名
トーニャ・ハーディング マーゴット・ロビー
ラヴォナ・ハーディング アリソン・ジャネイ
ジェフ・ギルーリー セバスチャン・スタン
ダイアン・ローリンソン ジュリアンヌ・ニコルソン
マーティン・マドックス ボビー・カナヴェイル

 

アイ,トーニャ」の感想や口コミ

 

やっぱりこういうドキュメンタリー!アメリカはうまいなー。

ダークヒーローをうまくポップに演出、構成している。
湿っぽくしなかったのは大正解だと思う。

 

全員クズなのになんか愛嬌があって良かった。
音楽の使い方も秀逸。

ドキュメンタリードラマはこうあるべき一作。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です