漫画

ぐらんぶる実写映画の千紗(ちさ)役は誰?トッキ―とブッキーも!

こんにちは!! KOSHIです!!

大人気漫画「ぐらんぶる」の実写映画化が決定!というニュースが入ってきました!
なんとすでにクランクアップしており、2020年初夏に全国公開されます。

11月22日発売の最新14巻で累計発行部数は440万部を突破し、
2018年にはTVアニメ化もされて話題となり大人気でした☺

キャストが誰になるのか気になるところですが
その中でも作品のヒロインである古手川 千紗(こてがわ ちさ)役を誰が演じるのか?
そこが気になります!

そこで今回は
ぐらんぶる実写映画の千紗(ちさ)役は誰なのか、トッキ―やブッキー役について
迫っていきたいと思います!

題して「ぐらんぶる実写映画の千紗(ちさ)役は誰?トッキ―とブッキーも!

では、始めていきましょう!!

 

漫画「ぐらんぶる」実写映画化発表!

 

まずは、大人気漫画「ぐらんぶる」実写映画化について確認していきます!

 

2020年初夏公開

 

2019年11月20日(水)に漫画「ぐらんぶる」の実写映画化が発表されました!

 

 

 

以下、制作スケジュールになります。

 

2019年7月:クランクイン
2019年10月:クランクアップ
2020年3月:作品完成予定
2020年初夏:全国公開予定

 

なんと、もうクランクアップしているんですね。いつの間に!
あとは細かいところをつめていき、作品を完成させていく作業といったところでしょうか。

 

「ぐらんぶる」は井上堅二原作・吉岡公威作画による漫画作品です。
主人公の北原伊織が、大学進学を機に海辺の町へ引っ越してくるところから
始まる青春コメディ!
最新14巻で累計発行部数は440万部を突破し、2018年にはTVアニメ化もされました。

アニメ化の時も本当に話題となりましたよね。
今回の実写映画化はその時以上の反応もあるようです!

メガホンを取るのは『高校デビュー』『貞子3D』など
幅広いエンタメ作品を手掛ける英勉監督📢
何の制限もない振り切った演出を任せられる日本人監督はこの方しかいない!ということで
抜擢されているようですので楽しみです☺

 

スタッフ

 

原作 : 井上堅二・吉岡公威『ぐらんぶる』(講談社アフタヌーンKC刊)
監督:英勉
制作プロダクション: THEFOOL 配給:ワーナー・ブラザース映画

 

関係者コメント

 

英勉監督や井上先生&吉岡先生、そしてエグゼクティブプロデューサーの関口大輔さんからコメントが到着しているので紹介します。

「実写化してイケメンの股間を見るんだ!」
『ぐらんぶる』の構想段階から抱いていた、僕の純粋無垢で――青年誌で連載する作家の誰もが抱く大きな夢。それがついに叶う時が訪れようとしています。協力してくれた関係者の皆様に感謝を、そして出演する被害者の皆様に心からの謝意を送ります。
本当に……
色々とすみません!

原作:井上 堅二

参照元:公式サイトより

カナヅチの私が、井上先生の夢に乗っかってここまでダイビング漫画『ぐらんぶる』を一緒に描き続けることができました。
美しい海で繰り広げられる爽やかな若者たちの青春。
そしていよいよ実写化され、スクリーンで見られるんですね。
本当にドキドキしてます。色々な意味で。
本当に、色々な意味で!

漫画:吉岡公威

参照元:公式サイトより

「男子ってバカねっ」って映画を作ろうと思ったんですが、「男子ってバカ!ほんとバカ!クズ!」って映画になっちゃいました。
『ダイビングに賭ける青春と恋と友情。さあ、最高の海の世界へ』という宣伝が展開されると思いますが、違いますから。詐欺ですから。
ぼくがホントの「全〇監督」かもです。

監督:英勉

参照元:公式サイトより

昨今似たようなテーマの邦画が多いのは、「お客さんが好きなタイプの映画」に傾向があり、そのベストな期待に制作が行われているからでしょう。最近の優れたリサーチにより、お客さんが見たい映画はどんなものなのかを判別する精度が高くなっているそうです。
そんな時代に作られるこの映画『ぐらんぶる』ですが、そういったリサーチでは判別不能になってしまうと思います。
圧倒的な異物感、圧倒的なバカバカしさ、そして圧倒的に熱苦しい男たち・・・。
私はこの圧倒的な既視感のなさに心底惚れ込み、リサーチ全盛の時代の今だからこそ、数字では測り切れないこの作品を映画化したいと思いました。「監督は有名な方で」「俳優は人気の方でお願いします」という事を映画化する際によく言われますが、原作の関係者から「本当に大丈夫ですか?」と心配される映画は『ぐらんぶる』くらいです。
あとはこの素晴らしい原作を、妥協せず、実写作品にするベストな監督とキャストと制作する事。監督は、英さん以外思いつきませんでした。
何の制限もない振り切った演出を任せられる日本人監督は英さんしかいないでしょう。
またキャスト陣の発表はこれからとなりますが、ほぼ素っ裸で作品に挑んでいますのでこちらも引き続き楽しみにしていてください。

エグゼクティブプロデューサー:関口大輔

参照元:公式サイトより

 

気になるストーリーは?

 

原作は
伊織が叔父が営むダイビングショップ「GRAND BLUE(グランブルー)」に下宿し、
憧れのキャンパスライフに胸を膨らませるんですが、待ち受けていたのは
男だらけのダイビングサークルで・・・みたいなストーリーですよね。

また、ダイビング描写のほかにも飲み会を始めとするサークル内での交流も
描写されています。

映画ではどのようなストーリーが用意されているんでしょうか。
現時点でストーリーは未発表となっています。
詳細がわかり次第、こちらでもお知らせしていきます!

 

 

千紗(ちさ)役は誰?トッキ―とブッキー役は?

 

次に、気になるキャスト。その中でも千紗(ちさ)役とトッキ―とブッキー役について
みていきましょう!

 

キャスト一覧

 

キャストについても残念ながら現時点では発表されていません。

今回の映画化発表の際に
パンツ一丁と腰にオタTを巻いた姿で「GRAND BLUE」の前にたたずむ
2人の青年の写真が到着しています。

このハジけた役をいったい誰がスクリーンで演じるのかも気になるところです。

 

 

 

ファンの中でも気になっている方はいるようですね。

千紗役は
過去に英勉監督作品に出演している女優さん。という可能性もあるかもしれませんね。

Twitterにもあがっていましたが、トッキ―とブッキー役のどちらかは鈴木亮平さんは
あるかもしれないですね。 ばっちり演じてくれそうです☺

 

公式サイトの色が変わる?

 

公式ツイッターに
「何度かアクセスすると素敵な出会いがあるかもしれません」と書いてあります。

記事を書いている時に何度かサイトを訪問したんですが
最初はバックの色が水色でしたが、3度目あたりで黄色からオレンジっぽい色に
変わりました。 いろんな仕掛けがしてあるようです。

ただ色が変わるだけの仕掛けとは思えないので
この後も定期的にサイトを訪問したいと思います☺

みなさんも、何度かサイトを訪問してみてはどうでしょうか☺

 

まとめ

 

今回は「ぐらんぶる実写映画の千紗(ちさ)役は誰?トッキ―とブッキーも!」と題して

実写版の千紗(ちさ)役やトッキ―とブッキー役は誰なのかを紹介してきました。

大人気漫画であり、テレビアニメとしても大好評だった「ぐらんぶる」
いよいよといいますか、とうとう実写化です🎦
原作のストーリーを考えると楽しくて笑える作品となるのではないでしょうか!

今後の続報も待ちながら、公開まで期待で心躍らせていきましょう!

今回は以上になります!最後までお読みいただきありがとうございました!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です